株式会社Kakaritsuke

Kakaritsukeではテクノロジーを活用し、不安な医療を"安心できる"医療に変えていくことを目指しています。

なぜdochubが必要なのか?

現状医療業界に起こっている変化に対して対応するサービスが必要だと考えています。

常にベストエフォートが求められていた医師の働き方が見直されつつある

勤務医、女性医師の働き方が変わり、診療以外の活動に参加できるようになる。また若手医師、医学生はテクノロジー、街づくりなど診療以外の活動にも興味があり知見を広げていきたいと感じている。

医師の起業や医療プロジェクトが増加

医療従事者が既存医療機関外で活躍場が増えている。

上記変化に対して対応するサービスが欠如している

働き方が変わり、時間があっても情報がないため探しようがない。また情報にたどり着かないため、人を必要としている医療プロジェクトが応募をしてもほしい人材がマッチしない。

HISTORY

沿革