超高齢社会の日本で、安心して最期を迎えられる環境をつくる!都市型在宅診療の経験を積みたい医師大募集!!在宅内視鏡なども学べます。

何をやっているのか?

 

2006年に「在宅総合診療と確実な24時間対応」をキーワードに理事長の佐々木淳が悠翔会を設立。現在首都圏を拠点に、医師が疲弊することなく、かつ患者さんがいつでも安心できる医療を提供するべく、24時間対応可能な在宅医療ネットワークを構築し、他の診療所や事業所と連携して在宅医療を展開しています。

なぜやっているのか?

2040年には年間の死亡者数が今よりも40万人増えるといわれています。超高齢社会を迎える日本において、在宅医療を普及させ、在宅で看取りを進めていくことは、重要な課題となっています。在宅療養診療所の届出をしている診療所は、全国で1万2千件にのぼります。

ところが、そのうち100名以上の患者さんを診ている診療所は千件程度で、割合にすると0.2%です。また、1万2千件のうち約半数は看取り経験がなく、さらに看取りを経験したことがあるという診療所でも、年間1〜3名程度という所が大半だそうです。そのため当法人のように1カ所で数十名から100名規模を看取る診療所は、まだまだ少ないのが現状です。 このように1診療所の看取り件数が少ない要因の1つとして、在宅療養診療所の届出をしている診療所のほとんどが、昼間は診療所で外来診療を行い、夜に在宅診療を行なっていることが挙げられます。

その中で、医師が一人で診療、訪問、検査、家族との相談、リハビリの指示、事務処理、夜間や緊急の対応など、全てを担っていることが多いのです。患者さんとしては、かかりつけの先生が常に対応してくれるほうが安心ですが、「24時間365日対応」という部分に対する医師の負担は大きく、この体制では無理があります。そこで、チームで在宅医療を行うシステムを作り、医師一人では対応しきれない夜間対応を悠翔会が担う体制を構築しました。 夜間は常に2名の当直制としており、緊急時の対応も可能です。また、電子カルテをクラウド上で共有しているので、かかりつけの医師ではなくても患者さんの状況を把握し、適切な治療ができるようになっています。

どんな人と一緒に働きたいか

在宅医療に興味があり常勤で学びたい医師の方を募集します。

企業について

企業名 悠翔会在宅クリニック川口
住所 埼玉県川口市柳崎4-8-33

メンバーについて

出身大学:香川医科大学卒業 (現:香川大学医学部)

主な経歴:老人保健施設施設長、在宅診療クリニック院長

専門(学会等):総合内科

在宅医療に関わるきっかけ:北海道で老人保健施設の管理者をして関東に戻ったときにたまたま就いたのが、ほぼ施設を専属とした訪問診療のクリニックでした。その後、悠翔会に籍を置き、北千住で居宅をメインに診療、その後川口に異動となり、再び施設メインの診療にシフトしております。

メッセージ:今時珍しいシンプルな経歴となっております。個々の患者さんの症状により幅広く対応し、皆さまのお役に立てるように精進していきたいと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。

応募する

地図

応募前にFacebookログインしてください。

Facebookログイン Cancel